みずの 塩大福

Tag: 大福

親戚と一緒に行った巣鴨の街で際立っていたみずのさんの
「元祖塩大福」です。

甘味の強い和菓子が主流だったころに、さっぱりした甘さの
大福餅を誕生させ、参拝みやげ、巣鴨名物として定着してきた。

50年代に極端に甘さを好む時代から、ほどよ甘さが好まれる
時際に変わりつつあったと書かれていました。

みずの塩大福

食べてみると、通常の大福よりも甘さ控えめでBrixは低く、
名前のとおり塩がかなりきいています。

最近伸びている手作りおはぎは、さらに甘さ控えめの傾向が高く
なっているので、年々低糖化は進んでいるようです。

甘さをおさえるほど、素材そのものの味がダイレクトに出てくるので
小豆、もち米などの素材の良さが決め手になってきますね。